石原内科クリニック

内科、小児科、統合医療

TEL : 03-5423-5560
住所:港区白金台4-2-11 白金台クレスト3階
H.P:http://www.ishihara-naika.com

更新日 2017-11-27

石原式メディカルカッピングに関するQ&A

01. カッピングができない病気や薬を教えて下さい。
      :アスピリンやワーファリンなどの抗凝固剤を飲んでいる方
       および現在抗がん剤の治療を受けている方はお受けになれません。
       白血病・肝硬変などで出血傾向のある方もお受けになれません。 
       また、妊娠中の方・高熱のある方も原則としてお受けになれません。

02. 治療は何回受ければ良いですか?
      :治療は下記の3段階です。
       ①解毒期は個人差がありますが、3回~5回を要します。
        その間隔は1から2週間が望ましいです。但し、アトピー性皮膚炎の方は      
        10回程度を要します。
       ②回復期は解毒期が過ぎて健康になる時期です。
        その間隔は2週間から3週間毎が望ましいです。
       ③健康維持期は健康を維持するために4週間毎が望ましいです。
        もし、具合が悪くなった時は臨時で1回お受けになると良いでしょう。 

03. 針を刺す時痛みはどうですか?
      :細い特殊な針で浅く刺すので、「チクッ」とした痛み程度です。

04. 血を抜いても大丈夫ですか?また、量はどの位ですか?
      :抜ける血は多くても30cc位ですから、
       献血するよりもはるかに少ない量です。

05. 効果はどの位で分かりますか?
      :直後に良くなる症状もありますし、2〜4日後に良くなる症状もあります。
       早く良くなる時は症状が軽い場合です。

06 効果はどの位持続しますか?   
      :個人差があり症状によって違います。概ね、1回目の治療で1週間位です。
       治療を重ねるほど、効果は持続します。

07. カッピングの跡はどの位で消えますか?
      :個人差や場所により異なりますが、3〜7日です。
       具合の悪い場所ほど長く残り、色も赤黒くなり最後は黄色くなり消えます。

08. 当日はどんな服装で行けば良いですか?
      :施術着に着替えて頂きますので、脱着が簡単な服装でいらして下さい。
       また、時に血がにじむ事がありますので、汚れても良い下着を
       着て来て下さい。
       足の冷えやむくみのある方は足にもカッピングをする場合がありますので、
       ズボンを履いて来る事をお勧めします。

09. 治療当日の入浴や飲酒はどうですか?
      :入浴は結構ですが、飲酒は控えめにして下さい。

10. 副作用はありませんか?
      :副作用はありません。
       ただ、体が元気になる途中で好転反応が起きる事があります。
       具体的には、めまい・ふらつき・かゆみ・倦怠感・                
       一時的に痛みやかゆみが増強するなどです。
       この好転反応は通常ほぼ24時間以内に消失しますが、
       具合の悪い方は2〜3日ほど長引くこともあります。
       好転反応が消失した後は、次第に具合が良くなります。
       時に水泡ができる場合があります。この原因は組織液が過剰に
       溜まった状態のために起きますが、約1週間で水泡は治ります。

11. どんな症状の方に効きますか?:
       (1) 筋肉の痛み(肩こり、腰痛、肉離れ、ふくらはぎがつる)
       (2) 四十肩(五十肩)、
       (3) のぼせ(顔色が赤い)
       (4) 冷え性(手足の冷え、顔色が青白い)
       (5) むくみ(顔や足)
       (6) 頭痛(筋緊張性頭痛:肩こりや首のこりによる頭痛)
       (7) 円形脱毛
       (8) 多汗症(特に上半身や手のひらに汗をかきやすい人、
                     手のひらに水泡ができて治りにくい人)
       (9) 生理痛がつらい
       (10) 目の奥が痛む、目が疲れやすい
       (11) 頭がボーとしてすっきりしない
       (12) 赤い湿疹

12. 針は滅菌されてますか?
      :デイスポーザブルの針を一人一回の使用で破棄しますので、
       感染症のご心配はありません。

13.年齢とともに、体温が下がるのは仕方ないと思いますが?
      :赤ちゃんの体温は概ね37度ですが、年齢と共に体温は下がります。
       それが老化現象です。
       代謝が下がると体温も下がります。体温が下がると益々代謝も下がります。
       ですから、年だから仕方ないと思わず積極的に体温を上げる対策を
       実行する事が大事です。
       その悪循環を止めるのが抗老化対策です。

14.抗老化対策とはどんな事ですか?
      :先ずは体温を上げる事です。そのために第一に食事療法です。
       身体を冷やす食品を避け、温める食品を多く摂取する事です。
       また、カロリーを摂り過ぎると、コレステロールや糖分が増え
       動脈硬化が起き高血圧などの生活習慣病に
       なりやすくなって老化現象が進みます。
       第二に適度な運動です。人の体力には限界があります。
       ですから運動をしすぎると返って体力を使いすぎ
       体温が低下しますので、適度な運動量にしてください。
       カッピングは血流を良くし体温を適度に上げますので、
       抗老化対策の一つです。

15.冷えのぼせとは?
      :ストレスにより自律神経が乱れると上半身の体温は上がりますが
       下半身や手の体温は下がります。それが冷えのぼせです。
       その治療として自律神経と血流の調整が大事です。
       メディカルカッピングは自律神経の調整と血流の分布を改善します。

16.のぼせを見極める方法は?
      :後頭部の毛の生え際の皮膚が赤くなっている方や
       顔色が赤くむくんでいる人はのぼせがあります。
       のぼせがあると頭がボーとしたり、目が疲れやすくなります。
       さらに集中力や記憶力の低下も出現します。

17.むくみの原因は何ですか?カッピングは効果がありますか?
      :腎臓病や心臓病がないのにむくむのは、組織液が過剰に
       溜まっているからです。
       組織液とは、細胞と細胞の間に存在し、栄養素・老廃物・酸素・二酸化炭素  
       などを含み、毛細血管から血管の外に出る血液成分の一部です。
       本来は組織液の90%は毛細血管に戻り10%はリンパ管に移行しますが、
       毛細血管の血流が悪いと組織液は細胞と細胞の間に停留し、むくみの原因     
       となります。         
       ですから、カッピングをする事で毛細血管の血流が良くなり、
       組織液が血管に戻りやすくなるためにむくみが解消する訳です。

18.生理痛は何回カッピングをしたら良くなりますか?
      :婦人科系の病気がない方に限りますが、4回から10回位で生理痛はほぼなく
       なります。
       良くなった後は、生理の予定日の7〜10日前にカッピングを
       お受けになると生理痛は軽くなります。
       もし、カッピングで良くならない場合は婦人科の診察をお勧めします。

19.円形脱毛はどの位の期間で良くなりますか?
      :円形脱毛の原因や大きさにもよりますが、2〜3ヶ月でほぼ良くなります。
       概ね、自然治癒する期間の半分以下です。

20.手のひらに水泡ができてかゆみがあり、治ったり再発を繰り返しますが治りますか?
      :手のひらの皮膚の血行が悪くアトピー性皮膚炎の方がなりやすい病気です。
       多くの方はカッピングで3回目位から徐々に良くなります。
       治りが悪い場合は投薬を併用する事もあります。

21.肌のトラブルには効果が期待できますか?
      :健康な人は皮膚の毛細血管の血流が良いために正常な皮膚ですが、
       ストレス、アトピー性皮膚炎、食生活、睡眠不足などにより
       血流が悪くなると肌のトラブルが起きます。
       メディカルカッピングにより毛細血管の血流が良くなり
       皮膚の細胞の活性が上がるため、肌が綺麗になる効果があります。
       また、のぼせが原因の顔や背中の赤い湿疹は血流が停滞する事が原因で 
       すから、メディカルカッピングにより血流が良くなると赤みは減ります。
       メディカルカッピングだけで良くなる方もいますが、
       特にアトピー性皮膚炎の方は適切な食事療法と十分な睡眠が不可欠です。

22.自分でするカッピングセットを持ってますが、どこにカップをつければ良いですか?
      :当院でカップを付ける場所は、筋肉のこりの部分だけでなく
       経絡に沿って付けるのでその跡に付けて下さい。
       むやみに多くの場所につけても効果が増すわけではありません。
       また、吸引する時間が長いと時に水泡ができますので、
       吸引する時間は10分以内にして下さい。

23.肥満の原因は何ですか?
      :肥満の原因は体脂肪が増えるためです。
       体脂肪とは脂肪組織の総称で脂肪細胞からなってます。
       脂肪細胞は大きくなったり小さくなったりするため、
       脂肪細胞が大きくなると体脂肪が増え肥満になります。
       脂肪細胞が大きくなる原因は主に中性脂肪と水分の摂りすぎです。
       中性脂肪が増える主な原因は糖分の摂りすぎと
       アルコールの飲みすぎですから、
       それらを控えると脂肪細胞が小さくなります。
       カッピングにより血流が良くなり代謝が上がるため体脂肪が減ります。

24.体脂肪率が多いのですが、どうしたら減りますか?
      :体脂肪計は体内の電気抵抗を測る機械です。
       体脂肪率が多いと電気抵抗体が増えます。
       電気抵抗は中性脂肪が多いと高くなりますから、
       体内の中性脂肪が減れば体脂肪率も減ります。
       ですから、体脂肪を減らすためには、お菓子、南国産の果実、ジュースや
       醸造用アルコールも減らしましょう。
       メディカルカッピングにより代謝が上がると体脂肪率も減ります。

25.関節の痛みには効きますか?
      :痛みの原因が骨の場合は効きませんが、
       筋肉や腱の場合には効果が期待できます。
       メディカルカッピングにより傷ついた筋肉や腱周辺の血流が良くなるため
       傷の回復が促進され早く良くなります。

26..カッピングの効果は何回目から改善されますか?
      :症状にもよりますが、現在までの統計は以下の通りです。
       1回目で12%、2回目で30%、3回目で42%、4回目で65%の方の  
       症状が改善してます。

27.瀉血効果(カッピングによって血液が吸引できる事)は何回目からみられますか?
      :1回目で18%、2回目で51%、3回目で61%で瀉血効果がみられ
       ます。

28.好転反応がみられる比率はどの位ですか?
      :10%の方に好転反応がみられました。その症状で多い順番に、 
       ふらつき、めまい、倦怠感、頭痛です。

29.不妊症で悩んでますが、メデイカルカッピングの効果はありますか?       
      :現在まで10名の不妊症の方がカッピングを受けられて7名の方が                        
       妊娠出産されました。それぞれの方がカッピングを受けられた回 
       数は8回から16回です。皆さんの共通点は精子も卵子も異常が 
       ないにも拘わらず、妊娠できないまたは着床しても流産を繰り返
       す方です。
       現時点でメデイカルカッピングが不妊症に効果があるか否かは 
       不明ですが、私の見解として精子も卵子も異常が無い場合の
       不妊症の原因の一つには子宮内膜の血流が悪く子宮内膜の細
       胞が正常に機能してないので着床しずらい、または着床しても受
       精卵の血流不足のために流産すると考えます。
       下半身の冷えが強い方は子宮の血流も悪いために、不妊症にな
       りやすく、また、緊張・プレッシャーやストレスにより、頭に血が昇
       るいわゆるのぼせる方は上半身が熱く下半身が冷える傾向にあ 
       りますで、同じように不妊症になりやすいと思います。
       メデイカルカッピングにより10名中7名が妊娠された理由として、  
       メデイカルカッピングによりのぼせが改善し下半身の血流がよく
       なり子宮内膜の血流が正常化する事で妊娠が可能となったと
       思われます。